がりつうトップ那須野の道 > 奥州荷物街道(さくせいちゅうです)


奥州荷物街道

奥州荷物街道
定義

奥州荷物街道は、奥州道中(宇都宮宿〜白河宿)の脇街道で、原街道同様、鬼怒川の阿久津河岸から白河までの道である。歴史は奥州道中よりも古く、坂上田村麻呂の蝦夷討伐、天正18年(1590)7月豊臣秀吉の奥州征伐もこのルートを通ったと推察される。また、古代の東山道の駅路に対しての、伝馬の道(伝路)が原街道の元になった道なのではないかという説(木元雅康氏の「下野国の古代伝路について」)からも、相当古い道なのだといえよう。
寛永4年(1627)頃の奥州道中開通後は、この街道の脇街道となり、もっぱら荷物運搬路としての役目を持ち、奥州道中が混雑している時や、急ぎの旅人などはこの道を利用した。奥州荷物街道と奥州道中と原街道、会津中街道とのあいだで接続路や抜け道がいくつも作られて複雑に入り組んでおり、途中から違う街道に入ることもあったろう。
奥州荷物街道のルートに関しては諸説あるが、まずは「大田原市史前編」で紹介されている説を挙げて後ほど情報の追加を行っていきたい。
さくら市の鬼怒川の阿久津河岸から、同鷲宿を通り矢板市安沢に出て、同豊田将軍塚の北側を通る。箒川を渡って大田原市平沢に入り、平沢公民館の北側の追分けで左に行き、実取の鷹巣から大田原に入る。 大田原町内から町島の水口館へのルートはいくつか説があるが、 下町薬師堂前、東京電力大田原営業所南、光真寺前、稲荷堂前を通り、龍体山の七曲りを越えるというルート、沼の袋から和久に出るルートと時代によって一定していなかったのではないか。水口館の北方に出た道は、館の北から東北に進み、市野沢の滝、そして温泉神社東、富池の大道内、練貫、羽田の一部北方を通り、黒磯市野間方面に出たとのことだ。

開削年
不明 東山道の伝路説あり
整備した人物
古道を利用した
ルート
阿久津河岸〜氏家〜鷲宿〜平沢〜大田原〜鍋掛の手前で奥州道中に合流
参考文献 大田原市史前編  「大田原の道標」の平沢の道標コメント  和菓子処 木村屋 包装紙「大田原城下之図」植木敦雄作

行程とウェイポイント


宿名・ポイント
現在の行政地区名
ルート
説明
阿久津河岸
船玉神社
古町の道標
氏家宿本陣平石家
上町の馬頭観音道標
さくら市
   
大野
箱森十九夜尊
箱森今宮神社の道標
箱森新田
荒川渡る
松島






   
  山野上に地元老人会の立てた「牛街道」の看板
矢板市

西豊田側から東豊田営農改善センターの丁字路への道が消失、田んぼの中に竹林のある2軒並んだ家の間を通っていたようだ
平沢 問屋 渡辺家 大田原市    
平沢の道標



鷹ノ巣安波原(阿婆原)地蔵

日光北街道に合流



R400バイパス渡る

奥州道中を渡る

しんとみ保育園前墓石群左折

不退橋
忍精寺
〜奥州道中へ〜
薬師堂
 

平沢は原街道石林通りもここから分かれて北上し、又立道の枝道もここを通るなど、当時は交通上の一要地であったようだ。
平沢公民館前に立つ庚申塔道標の「右 大田原」が奥州荷物街道のルートだと云われている。大田原氏説ではそこから「阿婆原地蔵」に出ることになっている。阿婆原地蔵は、平沢庚申塔道標の左方向の原街道石林通りが通る「なんじゃもんじゃの木」のすぐ近くで、平沢で分かれる意味がないような気もする。
さらに阿婆原地蔵付近を通ってから奥州道中を渡るには、実取から親園に行くか、旧日光北街道に合流して末広・新富・若松町の境界の地点で交差するかだ。第一保育所(現しんとみ保育園)・不退橋からもっとも近い奥州道中がここなので、とりあえず阿婆原地蔵から工業団地の間を抜け旧日光北街道に合流するルートを仮定する。
不退橋は新しく造成された「しんとみニュータウン」の中にある鹿島川を渡る橋だ。時宗不退寺の墓地の裏手を通り、忍精寺横に出る道沿いは、同心町であった。

奥州道中 大田原宿    


愛宕神社
下町薬師堂
〜湯道へ〜

(ルートその1)
光真寺
稲荷堂
龍体山の七曲り
蛇尾川渡河
川原
明宿の道標2
〜カノ道へ〜
町島
荒井
荒井の道標2

(ルートその2) 
沼の袋
和久
蛇尾川渡河
町島 水口館跡
荒井の道標1
荒井の道標2

船山
松原
富池温泉神社の道祖神
印南家墓地のコブシ

〜奥州道中へ 〜

 

薬師堂から東京電力〜光真寺に行くということは、タナカ大田原家具センター前からベイシアに抜ける道を入っていくということか。ここを真っ直ぐいくと、石林宿で原街道石林通りである。 この道を日本たばこ産業のところで右折する。この通りはかつては華やかな通りだったらしく、東京電力以外にも大田原警察署、イカリヤという大きな卸屋があったそうだ。東京電力の角で左に鉤曲がり、光真寺前に出る。右折し道なり。いわゆる龍体山の七曲りへ。竜泉寺の横を通り、奥州道中に合流左折。大田原神社への上がり口の横を通りR461に出て、蛇尾川(大田原川)橋を渡る。

光真寺前で右折、日赤の裏の神社がある道に入り、(この辺りの江戸時代の様子をJAなすのの大野晋一郎氏「那須野の民話」の「大田原町内の糞尿・稲荷林の三吉稲荷」に詳しい)黒磯−大田原線に出る。このあたりが沼の袋?黒磯方面に向かって、蕪中川の橋を渡ってすぐ右折、和久へ。蛇尾川を渡河し北上

あるいはタナカ大田原家具センター前からベイシアに抜ける道を大田原高校付近まで北上して和久に向かうのか

  那須塩原市    

那須野の道へ
がりつうトップへ

   
奥州荷物街道のルートは、さくら市鬼怒川の阿久津河岸から、同市鷲宿、矢板市安沢、豊田将軍塚にくる。阿久津河岸から鷲宿は原街道と同ルートであるが、鷲宿から安沢に行くのは泉街道であろう。安沢から豊田に出るには、安沢中坪から成田を通り豊田に出る佐久山道か。豊田将軍塚前の原街道と佐久山道交差点には、「右大田原みち」と刻まれた道標が立つ。
原街道と佐久山道の交差点
将軍塚北側を渡り、
将軍塚からの眺め

箒川を渡って大田原市平沢に入り、平沢公民館の北側、元文五年(1740)10月造立の庚申塔の道標の追分けを右に行き、実取の鷹巣から大田原に入る。以下は大田原晴雄氏の説である。

庚申塔の道標 から阿婆原地蔵に出る方法を検討してみたいが、まず阿婆原地蔵から庚申塔の道標に行くには?から考察していく。阿婆原地蔵周辺は鷹ノ巣の未整備な曲がりくねった道が残っていて、南東に親園方面と薄葉方面に行く道が交差する十字路がある。薄葉方面の道は実取温泉神社前を通り、鷹巣の道標2前を通りライスラインを渡り、原街道石林通りを渡って上ノ原の工業団地を抜け上薄葉の庚申仏の道標前を通過して日光北街道に合流する道である。平沢の庚申塔の道標で右に原街道石林通りと分かれる以上、原街道石林通りより東のルートでないとまずい。ここでM40測量の「矢板」地形図をチェック。やはり平沢〜鷹ノ巣の道は前述の鷹ノ巣−薄葉道から原街道石林通りを通る道しか書かれていない。M40以前の消失なのか?

平沢の庚申塔の道標 右 大田原道
樹齢400年の夏グミがある鷹巣の安波原(阿婆原)地蔵の脇を通り、ニコン工場脇から日光北街道に合流する。

一応それ以外のルートも検証する。上記の実取から親園の奥州道中に向かうルート、あるいは日光北街道と親園に向かう道の間に奥州道中、この位置関係だと西原・六本松付近に出てくる道があったかどうかを調べる必要がある。
前述の薄葉−鷹ノ巣道は、右折して阿婆原地蔵の前を通り、日光北街道に出ずに平行した道が走っていて加治屋堀の道まで通っている。このあたりは加治屋開拓、農場のあったあたりなので古い道とは考えにくい。M40測量の「大田原」を見ると、鉄砲町(現:美原町)から西原まで通じる道があって、日光北街道との交差には加治屋の道標がある。加治屋堀脇の道である。
鷹ノ巣から親園に行く道は上記阿婆原地蔵近くの交差点を右折するのだが、親園で奥州道中に入って第一保育所(現しんとみ保育園)に向かう道で右折するか、前述不退橋・同心町の道はずっと延びていたようなので、もっと南で奥州道中から逸れた可能性もある。
鷹巣 安波原地蔵
浅香1丁目右折
この丁字路を入った道は前述「大田原城下之図」(享和3年)にも出てくる古い道である。が、M40測量の「大田原」を見ると、この地点より前のところで左折していたようだ。
日光北街道を離れ右折
 
奥州道中と交差する
   
不退寺裏の不退橋
 
   
不退寺墓地を抜けると忍精寺横に出て奥州道中大田原宿内に出る
 
   
   
   

 

那須野の道へ
がりつうトップへ