がりつうトップ > 那須野の道



那須野の道
 

道は人々の日々の交流によってつくられるといえる。人と物の流れは文化の交流を生み出す。江戸期の五街道、あるいはその脇街道は、幕府、あるいは藩の政策により開削され整備された。那須野においては陸奥の入口として、古代の東山道(とうさんどう)や中世の奥大道(おくのだいどう)、鎌倉街道、近世に入り江戸期に奥州諸大名の参勤交代や廻り米輸送のために幕府の整備した五街道、そして会津藩が開削した道が通っている。実際の街道の利用は、道奉行の規制もあったが問屋での荷物の荷継ぎがなければ、そのルートを忠実に辿らなくとも状況によりアミダくじのように自由に横道・間道に入り目的地を目指した。

道の名称は、同じ道筋でも地域によって呼び名が違う。関谷〜大田原の道は、関谷の人たちにとっては大田原に向かう「大田原道」だったし、大田原の人にとっては関谷に向かう「関谷道」と呼んだ。上り・下りにより、地域により一本の道路を異なる名称で呼んでいたのだ。これが原街道のような白河〜阿久津河岸の長距離となれば、白河寄りだと開削整備した会津藩が付けた「原街道」「原方道」だが、平沢・豊田あたりでは、牛による荷車の往来が多かったせいか「牛みち」「牛街道」と呼ばれ、松島では「米積み街道」「氏家道」、箱森新田では「氏家道」、そのほかにも「鷲宿道」「佐久山街道」「馬車街道」などと呼ばれていた。このように人々は道をもっとも生活に即した実利的な呼び方をしたのだ。

会津西街道・会津中街道は学術的に区別するために近年付けられた名称である。当時那須野では同じ「あいづみち」という呼び名だったろう。これらの道を開削整備した会津藩はそれぞれ南山通り・下野街道と宇都宮街道と呼んでいる。今市〜大田原の日光北街道も今市方面では「あいづみち」だったようだ。これは大田原から奥州道中で白河、白河から白河街道で会津若松に通じており、会津藩にとって会津西街道と白河街道の2ルートが廻米輸送路のメインだったせいか。「五街道分間延絵図」の日光北街道の部分は「今市ヨリ大田原通会津道見取絵図」というタイトルがついているから、幕府にとっては正式な呼び方だったのかもしれない。

「那須野の道」は「那須野を通って伸びている旧街道・古道」という定義である。街道の定義と存在理由・正確なルート・ウェイポイントとしての旧蹟や塔碑などを調べていく。 また別コーナーの「那須野の道標」で調査した道標をルート上に盛り込み、 街道と交差する他の道との繋がりを考察する。





主要な旧街道
東山道
奥大道
鎌倉街道
会津西街道
会津西街道 大宮通り
会津西街道 塩原通り
日光北街道
 


集落を結ぶ古道
大田原宿への道あれこれ

村長道

金沢道

 
 
 
 
 
 
     

 m40smap(test)


那須野の道標

がりつうトップ