がりつうトップ那須野の道 原街道 > 山野上の牛街道


山野上の牛街道

反対方面の佐久山にも道が続いていた

名称 山野上の牛街道 所在地 さくら市上河戸山野上
文献  
経緯度
北緯36度47分21秒,東経139度59分19秒
説明

川戸新田の交差点から成田方面に向かうと、左手に新溜池が見えてくる。農業用水を確保するためのもので、明治42年測図の地形図にも載っている。その先の小高い山は58ゴルフクラブというゴルフ場になっていて、木立からグリーンが見え隠れしている。街道は右手に逸れ、山道となる。林を抜けると、左手に山野上の温泉神社と湯殿神社が隣同士で並んでいる。用水を渡り左に逸れて細い道をゆくと、右手に林、左が送電線の鉄塔の建つ水田の間を抜ける畦道となる。その道は県道25号線にぶつかって終わっている。その丁字路の場所に地元老人会が建てた「牛街道」の木製看板が立っている。原街道はここで県道烏山矢板線を左折して高月集落に向かう。明治42年測図の地形図「矢板」をみると、まっすぐ豊田、佐久山の大澤に向かう道もあったようだ。氏家方面では原街道のルートを「佐久山街道」と呼ぶ理由か。


前のポイントへ 原街道 次のポイントへ

那須野の道

那須野の道標に戻る

がりつうトップに戻る