がりつうトップ那須野の道 原街道 > 石林宿


石林宿

二十三夜塔
庚申塔


名称 石林宿 所在地 那須塩原市石林
文献   経緯度  
説明

頭無(緑)から大田原街道を渡って石林の集落に入る。石林ではこの通りを「平沢みち」と呼んでいたようだ。しかし残念ながら道標などは存在しない。集落の真ん中あたりを通る南郷屋用水はかつては水路として百村川、念仏川を経て親園まで荷を運んでいたという。左手の木の下に享和年間の庚申塔と二十三夜塔が立っている。この先墓沼用水が脇を流れる石林道にぶつかり、左に少し行ったあたりが前期問屋の小高家があった場所だという。右に行くと狩野(かの)道の交差点を経て、石林の道標に至る。さらに行って乃木別邸の道向かいあたりが後期問屋の磯家である。


後期問屋の磯家はショベルカーのあるあたり
前期問屋の小高家があった場所

                              
 前のポイントへ   原街道石林通り   次のポイントへ

那須野の道に戻る

那須野の道標に戻る

がりつうトップに戻る