がりつうトップ 那須野の道 > 原街道   まだまだせいさくちゅう


 

原街道(原方道・牛街道・牛道)
定義

原街道は、会津藩が年貢米江戸輸送のために新たに設けた街道である。後には白河藩や二本松藩の廻米輸送に用いられた。那珂川西より平沢間は明治初年開墾が行なわれるまでは東那須野、西那須野といわれた原野であり、ここを通った道であったために原方道・原街道の名称が起ったようだ。また、馬ではなく牛を使って運ばねばならないほどの悪路であったために牛街道とも呼ばれた。会津藩が大名米輸送ルートとして使った街道には、会津西街道、会津中街道、白河街道、そして原街道がある。原街道は、主に荷物の運搬を中心とした奥州街道の脇街道で、会津若松から白河街道・原街道を経由して氏家宿阿久津河岸に運ばれた。

原街道の宿駅は白川より黒川、夕狩、逃室、小島、高久、東小屋、槻沢、平沢、鷲宿、氏家、そして阿久津河岸に達する。この街道の主目的が廻米輸送であるを主目的としたため、各宿には本陣や旅籠などの宿泊施設はなく、会津藩の廻米方より任命された問屋が置かれただけであった。脇街道という存在であったが、幕府の管理する国道に準ずるものとして扱われ、街道の普請には、幕府の道中奉行が監督にあたっていた。
宿駅の間隔は約二〜三里で、一日往復の継送りは容易であった。逃室と小島は間十町程の近距離にあったので、一宿と見なされて両宿で半月交代となっていた。黒川と夕狩間も約一里、東小屋、槻沢間も三十町程度であったから、継立てに際して一宿どちらか省く場合もあった。大名の城米以外の商人荷物などは、一般に宿場毎に積換えをせず、白河、阿久津問を二泊三日位で付通すこともあった。 宿場には会津藩廻米方から任命された問屋があり、問屋の数は一宿一軒が普通であるが、夕狩と逃室間はそれぞれ二軒、黒川には三軒も置かれていた。

さくら市阿久津河岸から、大田原市平沢公民館の横で奥州荷物街道と分れ、那須塩原市石林を通り東小屋に行くルート(石林通り)と、 薄葉、一区町を通り、西那須野の町内を抜け槻沢へ出た道(槻沢通り)の二ルートがあった。石林通りと槻沢通りがどこで分かれたか、詳細な場所はいまのところ不明である。白河側は東小屋付近、阿久津河岸側は一説には平沢だとされるが、豊田のルートに不可解な点があるので、豊田で分かれたと考える。
原街道の南部は、大峠から板室・百村・木綿畑・横林そして石上に通じる会津中街道や、会津西街道から分れ塩原・関谷・石上に通じる塩原通り、今市から大田原を通る日光北街道などと交錯して純粋性を欠き、中部の那須野ヶ原扇状地中央部は飲料水を欠いたので、途中からこの街道にそれる場合が多かった。

さくら市阿久津河岸から、大田原市平沢公民館横の道標までは奥州荷物街道ほぼ同ルートであるが、奥州荷物街道の元になった道は歴史が古く、豊臣秀吉の奥羽仕置、源義経の奥州下り(北陸ルート説が濃厚ですが)の際に通った道であるとか、坂上田村麻呂の蝦夷(えみし)征討の際に宿営した丘というのが将軍塚のいわれである。また古代の東山道の駅路に対しての、伝馬の道(伝路)が原街道の元になった道なのではないかという説(木元雅康氏の「下野国の古代伝路について」)からも、相当古い道なのだといえよう。

明治17年(1884)、県令三島通庸の道路近代化政策で、宇都宮〜白河間を最短コースで結ぶため、東小屋〜白河間を、旧原街道を元に改修したルートを利用した。特に原街道をそのまま利用した高久〜大宮間は「陸の玄海灘」と呼ばれるほどの難所であった。

開削年
正保2年(1645) 
整備した人物
会津藩主 保科正之
ルート
阿久津河岸〜氏家〜鷲宿〜平沢〜槻沢(石林)〜東小屋〜高久〜小島〜逃室〜夕狩〜黒川〜白河
参考文献  


行程とウェイポイント

宿名・ポイント
現在の行政地区名
説明
ルートマップ
阿久津河岸
船玉神社
古町の道標

さくら市
阿久津河岸から氏家宿上町交差点までは、会津街道、奥州道中と同じルートだ。

阿久津河岸〜平沢
ALPSLAB routeを使ったルート再生マップ

氏家宿 問屋平沢家
上町の馬頭観音道標
大野
箱森十九夜尊
箱森今宮神社の地蔵大菩薩
箱森新田
荒川渡る
松島


上町交差点を奥州道中同様右折、130mほど、おかむら酒店角を左折する。道なりに県道48号を行き、松島集落で北東に逸れ、三菱ふそうの研究所との境界線沿いに小山を越える。鷲宿の問屋だった喜連川鷲宿簡易郵便局に向かい、再び県道48号に合流、下河戸十字路を直進し新溜池から山野上に出る。

鷲宿 問屋
松岩寺
中橋
梶内
地蔵泉 (湧水地)
内川渡る
百目貫
長坂の馬頭観音
下河戸の道標1(寛保2年)
下河戸の道標2(昭和3年)
新溜池
山野上
牛街道看板
高月
山野上に地元老人会の立てた「牛街道」の看板がある。この看板の前の家の老人に聞いたところ、 「牛街道」の看板の畦道沿いに真っ直ぐ道が延びていたという。定説ではここで左折し、原街道は高月の旧道に入るルートを通る。今回歩いた際に会った地元民も「牛街道は佐久山に行く道」と言っていた。氏家では原街道を「佐久山街道」とも言うようなのだが、これがその由縁か?実際圃場整備する以前は、直進して佐久山の大沢方面に向かう道があったようだ。そこから東豊田に行って正規ルートに戻ることも出来るようだが・・。
西豊田
上屋敷墓地前の馬頭尊
上屋敷墓地石仏群

矢板市 西豊田側から東豊田営農改善センターの丁字路への道が消失、田んぼの中に竹林のある2軒並んだ家の間を通っていたようだ


石林通り
宿名・ポイント
現在の行政地区名
説明
ルートマップ
入久保 大日如来
将軍塚前の道標
将軍塚
箒川渡河
矢板市 大日坂を越え、将軍塚をまいて箒川の河岸に出る。昭和初期まで舟橋があったそうだが。  
平沢 問屋 渡辺家 大田原市    

平沢の道標
縦道 渡
縦道実取の観象台
鷹ノ巣
平沢の道標に「石林道」とある。この塔碑建立時のメインが石林通りだったせいか、それとももっと手前で槻沢通りと分かれたということか?  
日光北街道 渡
阿弥陀仏の道標
一本木の湧水地
なんじゃもんじゃの木
頭無の湧水地
那須塩原市    
石林 問屋 (前期)    
石林の道標    
石林 問屋 (後期)    
乃木湧水地
東関根の馬頭観音
東関根の二十三夜塔
蛇尾川渡河 (送電線の処)
石林宿の「平沢みち」に流れる用水は、かつて小舟で荷物を運搬する水路だったという話だ。百村川から念仏川に入り親園まで行ったというのだが、人に聞いた話なので確証はない。  

槻沢通り
宿名・ポイント
現在の行政地区名
説明

ルートマップ

入久保 大日如来
将軍塚前の道標

箒川渡河

矢板市

   
平沢 問屋 渡辺家    

平沢の道標
立道の枝道で薄葉へ

または

入久保 大日如来

日光北街道に合流
箒川渡河

箒川渡河点は平沢だけだったのか?槻沢通りは薄葉に出るなら平沢に南下せず沢を経て豊田に向かう方法もあるわけで。

 
薄葉
高性寺
高性寺の大乗妙典六十六部供養塔
高性寺の馬頭観音

大田原市

   
一区水神の湧水地
常磐ヶ丘
一本杉
東町の庚申塔
千人升
那須塩原市
   
槻沢 問屋     

関根青年建立の道標A

立道

蛇尾川渡河

波立道

元観明院墓地の道標2
元観明院墓地の南無阿弥陀仏の道標

熊川渡河

蛇尾川渡河点もいくつかの説がある。黒磯市史は東小屋から熊川を渡り、ブリジストン工場の敷地内を通って西遅沢集落から立道を通り、関根青年建立の道標A の十字路に出るルートを紹介している。

また、明治初期の地図を見ると、東関根から槻沢と石林に分岐しているものが多くあり、槻沢ルートは槻沢問屋から関根青年建立の道標A、「たつみち」を通り関根青年建立の道標Bから東関根へ向かうもの。石林ルートは石林宿から権現山、東関根の馬頭観音東関根の二十三夜塔を通り東関根の集落に入るルートだ。

当サイトとしては関根青年建立の道標A の十字路を直進し蛇尾川を渡河、JRを渡り下中野に出ることにした。
北側の槻沢通りと石林通りの分岐点は観明院とする。

 

宿名・ポイント
現在の行政地区

説明

ルートマップ
東小屋問屋 那須塩原市
   

本郷町の白湯山供養塔
那珂川渡河
   
高久本郷の馬頭観音2
高久本郷の馬頭観音1
那須郡那須町
   
高久 問屋     
小島 問屋    
逃室 問屋    
夕狩 問屋    
黒川 問屋 福島県西白河郡西郷村
   
原中の那須権現一の鳥居    
北登町矢場八幡社の道標 白河市    
白川 問屋    
白河街道〜会津若松藩
     


那須野の道に戻る

那須野の道標に戻る

がりつうトップに戻る