がりつうトップ那須野の道会津中街道 > 高林の一里塚


高林の一里塚

高林の一里塚 西塚

名称 高林の一里塚 所在地 那須塩原市高林 藤田氏屋敷内
文献 黒磯市史 経緯度  
説明

横林から蛇尾川を渡り高林に入る。高林街道に出て左へ。高林宿のあった集落の中に高林の一里塚はある。現在は西塚だけが残っており、直径は3.5mほど、高さは1.5mくらい。他の現存する一里塚よりも小ぶりか。東塚は石蔵を建築する際に更地にしてしまったという。高林街道は弥六道、あるいは立道とも呼ばれ、高林の箭坪には弥六道という字名が残っており、弥六の道標がそれを証明している。
高林ではこの一里塚のことを「イジンダン」と呼んでいたという。会津藩では一里塚のことを「一里壇(いちりだん)」と呼び、長い間聞き伝えてきた結果、イジンダンと変化したらしい。高林宿までくると、会津側の文化的影響が濃くなってくる良い例だ。



西塚とその前の馬頭観音

前のポイントへ 会津中街道 次のポイントへ

那須野の道

那須野の道標

がりつうトップ