がりつうトップ那須野の道会津中街道 > 笹野曽里の一里塚


笹野曽里の一里塚

 

名称 笹野曽里の一里塚    所在地 那須塩原市百村 笹野曽里
文献 黒磯市誌 経緯度 北緯37度0分43秒,東経139度55分57秒
説明

木綿畑から熊川を渡り、藪をかいて林を抜けると、そこは百村、笹野曽里原と呼ばれた場所だ。飼料用のトウモロコシ畑の中にこんもりと塚がある。笹野曽里の西塚で直径五間(約9m)、高さ一尺(約3m)と作られた当初の原型に近い大きさである。脇の林の中に藪に覆われて東塚があり、その間の距離は約25mある。夏場には西塚はトウモロコシ畑の中に隠れてしまうので、収穫後の秋以降に訪れるといいだろう。冬の雪景色もさぞや素敵であろうなあ。戊辰戦争の際、笹野曽里原には会津幕軍により「いくさどて」(土塁)が作られていて、百村笠木の名主渡辺甚五右衛門の家を陣所としていた。



トウモロコシ畑の中の西塚
藪のなかの東塚

前のポイントへ 会津中街道 次のポイントへ

那須野の道

那須野の道標

がりつうトップ