がりつうトップ那須野の道会津中街道 >大松川の庚申塔


大松川の庚申塔

なんだかお猿がかわいいです

名称 大松川の庚申塔 所在地 福島県南会津郡下郷町大字和田 円通寺前の土手
造立年月日 寛政8年(1796) 経緯度 北緯37度14分1秒,東経139度53分46秒
形状(高・幅・厚)   文献  
銘文

[正面]
庚申塔
[右]
寛政八丙辰天


備考 旭田小学校の大松川分校前の道を通り、首のない地蔵を過ぎて、円通寺という寺に上がる階段のところに庚申塔の文字塔がある。二段の台座に猿の絵のレリーフが描いてある。一段目はブドウで二段目は根菜、カブか?地元の研究者曰くブドウは葡萄酒=キリストの血を表し、隠れキリシタンの崇拝した塔碑なのではないか、とのこと。じゃあカブはなんなんだろう?

一段目、ブドウの房とそれを取ろうとしている猿
二段目、カブ?を担いでいる猿とかじりつく猿

前のポイントへ 会津中街道 次のポイントへ

那須野の道

那須野の道標

がりつうトップ