がりつうトップ那須野の道会津中街道 > 船玉神社


船玉神社

船玉神社


名称 船玉神社 所在地 さくら市上阿久津150
文献 説明板
経緯度
北緯36度39分17秒,東経139度57分19秒
説明

白沢街道の阿久津大橋のたもとに船玉神社がある。奥州道中の鬼怒川渡河点であり、鬼怒川水運の遡航終点の阿久津河岸に祭られ、船頭達が船中の安全や河岸の繁栄を祈って祀ったのが船の御魂(みたま)、船玉(魂)大明神である。境内は当時船の形を模して作られたといい、舳先(へさき)の位置にお堂が建てられている。お堂の中には凝った装飾の神殿があり、極彩色の彫刻で豪華絢爛、往時の阿久津河岸の隆盛を物語る。奉納された常夜灯が道標になっているという情報は知っていたが、確認するのを忘れた。「右奥州路 此方河岸道 左江戸道」と刻まれている。


左側の燈篭 台座部分が道標に

 奥州道中 

前のポイントへ 会津中街道 次のポイントへ

会津西街道

 原街道 

那須野の道

那須野の道標

がりつうトップ