がりつうトップ那須野の道会津中街道 > 麦飯坂


麦飯坂

右に天保11年、左に室井金左ェ門 52・30・19cm

名称 麦飯坂 所在地 那須町
文献 那須山麓の民俗 経緯度  
説明

沼ッ原を過ぎると平地の雑木林が多少続き、そして下りの長いつづら折れの坂になる。「バクハンザカ」の名称の由来は、その昔三斗屋の者が板室方面から帰って来たとき、沼ッ原から下る長い坂道のところで、三斗小屋に向かって大声で彼らの常食であった「麦」を煮ておけーっ」と怒鳴ると、三斗小屋に着いた頃には丁度煮えて飯が食べられるという。すなわち麦は煮えるのに長い時間がかかることから、「この坂を下るのには非常に時間がかかる」ということを表そうとして名付けられたのである。街道を通る博労や馬方に歌われた馬追い唄でも、険しい山道の表現で多くみられる言い回し「三十三坂ばくはく坂よ」と歌われている。
坂の途中のカーブに観音様が旅人たちの安全を見守ってくれている(上画像)。また少し行くと、「麦飯坂の一里塚」ではないかといわれている隆起が道の両側にある。右手は石積みである。この一里塚が江戸から45里となる。



つづら折れの途中にある石積の一里塚?
道の反対側も塚だと言われれば見えなくも・・

前のポイントへ 会津中街道 次のポイントへ

那須野の道

那須野の道標

がりつうトップ